忍者ブログ

miko classについて




〜miko classご案内〜

miko classはエジプトの踊りをベースにしたオリエンタルダンス(ベリーダンスクラス)です。



<入門クラス>
ベリーダンスが初めての方から約1年未満の方を対象にしたクラスです。
振付は行わず、ベリーダンスで使用される基本の動きを行います。
経験者の方、アドバンスの方にも動きの見直しにオススメのクラスです。

日時:毎週火曜日

月4回 19:10-20:10 (60分)

月謝:¥6,400
ビジター:¥3000

場所:studio LUMO collection
宮城県仙台市青葉区中央2丁目10−1第二勝山ビル5F
022-393-9097

class入会金:無料
LUMO入会金¥5000


<振付クラス>
入門クラスへお通いの方が受講できるクラスです。前半の入門クラス1時間で行う動きを元に、
音楽に合わせて振付を行い、より踊りを感じるクラスです。

日時:毎週火曜日 20:20-21:20

場所:studio LUMO collection

月謝: 月4回→¥3600
ビジター:¥3000(入門クラス受講者のみ参加可)


<<上記2クラスの受講に際して>>
※studio LUMO collectionの会員様が受講できるクラスです。クラスを受講するには、
LUMOへの入会が必要となります。
※入会の場合、やむを得ぬ理由がない限り1年間の継続受講をお願いさせていただきます。
※体験受講をされた当日に入会されると、体験レッスン料が無料またLUMO入会金が割引になります。


<プライベート、セミプライベートレッスン、出張レッスン>
通常のクラスからステップアップした技術等の習得を希望される方や
個別でのレッスンを希望される方にお勧め致します。
必要に応じてお話を伺いますので、ご連絡下さい。


<お申し込み、問い合わせ先>
※一週間以上返信が無い場合、再度ご連絡いただくか別アドレスより送信ください

emikomiko22@gmail.com (miko)






PR

Raqsnake vol.7

先週末は、Ozgen, Kamelliaさん、4M衣装販売会とベリーダンサーにとっては
ダンス三昧な週末でしたね。

私の生徒さんも、showやwsに積極的に参加していたようです。

付き合いということではなく、自分の意思で学びに出ることは、
身になるし、先生にとっては本当に嬉しいことです。
私のレッスンをベースに視野を広げて動く生徒さんがいることを知ると
より手をかけてあげたくなるものです。


さて7月30日は自分のイベントRaqsnake vol.7が開催されます。
今年はこれが最後となります。

私はベリーダンスを踊っています。私はベリーダンサーです。
ベリーダンサーが企画するベリーダンスのイベントにぜひ足を運んでいただけたらと
思います。


ゲストは福島からJennaちゃん
下記をクリックするとイベント専用ページに飛びます。
              ↓
Raqsnake vol.7

 


miko





アメニモ マケズ カゼニモ マケズ

4月29日(土)Esmeralda 主催 アハランワサハラン盛岡 木村カスミ公演

 Esmaralda主宰・千葉輝美先生にお声がけいただき、2名の生徒と共に出演してきました。

舞台公演は久しぶりでした。
初心に帰る気持ちでした。

自分の生徒が美しく踊れるために私は全力です。それは練習や指導だけではなく
主催者の方や舞台をサポートしてくれる音響、照明、アナウンス他様々な人たちへの
伝達。これは完全に私にかかっているわけです。
上記ができなければ、自分一人が踊るときも困るのは自分。わからないから伝えられないでは
どうしようもない。
とても勉強になりました。


そして今回この公演は、出演した生徒にとっても私にとっても物語があったので
とても記憶に残るものとなりました。
公演を終えて生徒2名はそれぞれに、目標を持ったり、感情に浸ったりしたようです。
大きな経験として残ったのではないかと思いました。
観にいらしていただいたお客様やダンサーの皆様にたくさんお褒めいただき、嬉しいばかりです。
本当にありがとうございました。




木村カスミさん
とてもパワーある方でした。美人な方ですね。
そして、さりげない気配りにハッとさせられた私です。


ゲストでいらしていた秋田のNaiaさん。再会をとても楽しみにしていたので
嬉しかったです。一緒に出演されていた生徒の皆さん。踊りを通じてお会いできたこと
とっても嬉しかったです。

盛岡のダンサー皆さん。
またお会いできますように。たくさんの方がいらっしゃいましたが
お一人お一人印象的でした。
自分のことに時間をかけなきゃならないときに、細かいところまで私たちに気を配っていただき
頭がさがるばかりでした。


輝美さん
このご縁、なんて感謝していいものか。






ご来場いただきましたお客様、舞台をより惹き立ててくれたスタッフの皆様、
主催のEsmeraldaさま。
本当にありがとうございました。皆さんが残してくれた形をより膨らませて踊りに還元できたらと
思っています。


麻美、ようこさん。
私は、本番の舞台袖で鳥肌が立ち、泣きそうになった感覚が今でも残っています。
技術的なことはまだまだ繰り返しが必要ですがw、それ以上のいろんなことを得たことと思います。
自分のためにこれからも踊り続けてください。踊るのは自分なのですから。



miko