忍者ブログ
miko's Diary
Oriental Dancer mikoのblog
Admin / Write
2016/01/31 (Sun) 11:10


な が ら
この3文字は人間皆ひかれる。




ストッキングを履きながながらストレッチ。
いいねぇ。この時期普段ストッキングをはく機会のない人も
はく機会が増える季節だからいいかもね〜



ん?電車でながらストレッチ、、、
ちょっとこれはできないよね。。。




トイレでながらストレッチ。
トイレくらい、ゆっくりさせてくれw


miko
PR
2016/01/28 (Thu) 00:43
すごくいいWSに行ってきました。


私が間違いない!と思う人って

確信がある人。

確信があるように見せかけてる人結構いるから

ダミーに要注意、辛口ですが。。。

miko


2016/01/17 (Sun) 19:43
完全に備忘録と化しています、このところ。

先週のRanda Kamel, Dandashの来日と一緒に来にしたロシアのダンサー、カタリン。


とてもキュートなダンサーさんでした。

ロシア人ってみんな踊りが似ていて、見分けがつかないと思っているんだけど
カタリンは、そういう感じを受けないダンサーさんでした。
ランダに影響受けているのが強いのかなぁとは思ったのですが。

体が大きくてベリーダンスをするには得な体型なのではないかなぁと思いました。

Youtubeで他のロシア人ダンサーと見比べてみたいと思います。

そう、最終日のDandashのWSを彼女も受講していたのですが、とても慎ましい方でした。
写真を一緒に撮って欲しいとお願いしたら、ノーメイクだから嫌だなぁって言うんです。
私もノーメイクよって伝えたら、ちょっと悩んで一緒に写真を撮ってくれました。
ノーメイクはノーメイクでも全然私とは違ってあなたは美人だから大丈夫。と伝えたら
笑ってましたねw

でこれは彼女のHPから抜粋。




というわけで、先週の来日した外人ダンサーたちの一通り。


数年くらい前から、グイッとエジプト人ダンサーのイベントを狙って行っていますが、
とても勉強になります。

今回のように、エジプ人ダンサーの中に他国のダンサーの来日も加えたイベントって
いくつかあるみたいですが、それがすごく私にとってポイントです。



miko
2016/01/11 (Mon) 23:00
Dandash WS 2コマ目行って来ました。


素晴らしかったです。

先生の情熱が伝わってきました。

ダンダッシュはとにかく音楽音楽音楽が先行なダンサーさん

曲に気持ちを添わせて踊る本当に素晴らしいダンサーさんでした。

踊る音楽の解釈をダンダッシュが、できる言葉でボディランゲージで気持ちで必死に私たちへ伝えてくれるので、?となりやすい私でもしっかり伝わってきたのか、気づくと感情移入していた自分がいました。


とっても素敵な時間でした。素敵なダンサー様でした。とっても感じる事の出来るレッスンでした。

思えば、私がとにかく素敵だ好きだと思うダンサーさん(ノエルさん マコ先生 チサコさん フーリアさん タニシュクさん いなこ先生などなど他にも名前載せたい! ※順不同)には、共通点があって、それがダンダッシュにもあった事に気付きました。それに気付けた事にも嬉しかったです。


今日思わず涙をしていた受講者の方がいましたが、すごくわかります。私も思わず涙しそうな瞬間が何度かありました。


東京に来て、ショーを観たりWSを受けたりするのは正直大変です。途中いろーんな事が不安になってどうしようもなくなることもあります。
でも、毎回思うのが、何にも変えられない大きなものが残ります。

今回の3日間の東京遠征

すごく身になった気がします。

いろいろな人たちへ感謝の気持ちを込めて。踊りの持つ力を信じて。

たくさんありがとうございました!


miko



  HOME   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
profile
HN:
miko
性別:
女性
職業:
Oriental Dancer
自己紹介:
style:Oriental dance,
Egyptian
Lesson:weekly , private

Lesson info
studio LUMO collection          http://www.welcome-sendai.net/lumo/belly.html
<毎週火曜日>        入門→19:10-20:10      初級→20:20-21:50          
http://miko.gjpw.net/Entry/515/
contact
okime-ihcuge.on-may@nifty.com
code
忍者ブログ [PR]